最強論客一覧

右派論客一覧

青山繁晴
青山 繁晴(あおやま しげはる、1952年7月25日 – )は、日本の政治家、参議院議員、安全保障および国家政策研究員、作家。前独立総合研究所代表取締役社長、近畿大学経済学部総合経済政策学科客員教授(国際関係論)、東京大学教養学部非常勤講師。夫人は水産学研究者・水産学博士で、東京海洋大学准教授、同研究所取締役自然科学部長の青山千春、長男は同研究所社長の青山大樹。


[wpp range=”weekly” cat=36 thumbnail_width=50 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

堀江貴文
堀江 貴文(ほりえ たかふみ、1972年10月29日 – )は、日本の実業家、著作家、タレント。愛称はホリエモンだが、堀江本人があだ名やペンネームなどを名乗る際にはたかぽんを自称している。 日本ゴルフ改革会議委員、インターステラテクノロジズ創業者兼従業員、Jリーグアドバイザー、大阪府の特別顧問(国際博覧会(万博)担当)。
元ライブドア代表取締役社長CEO、現在、SNS media & consulting株式会社 ファウンダー。

[wpp range=”weekly” cat=39 thumbnail_width=57 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

桜井誠
桜井 誠(さくらい まこと、1972年〈昭和47年〉2月15日 – )は、日本の政治活動家。政治団体日本第一党の党首。

「桜井誠」はペンネーム・通称。かつて韓国をテーマにしたウェブサイト「不思議の国の韓国」の管理人を務めており、市民団体在日特権を許さない市民の会を創設し、初代会長でもあった。


[wpp range=”weekly” cat=67 thumbnail_width=50 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

ケント・ギルバート
ケント・シドニー・ギルバート(英: Kent Sidney Gilbert、1952年5月25日 – )は、アメリカ人のカリフォルニア州弁護士。日本で外国人タレント、俳優、著作家として活動。2017年1月現在、3つの会社の代表取締役を務める。

1952年にアイダホ州に生まれ、ユタ州で育つ。
1970年にブリガムヤング大学に入学。翌1971年に末日聖徒イエス・キリスト教会のモルモン宣教師として初来日。
1980年、ブリガムヤング大学で経営学修士号(MBA)、法務博士号(JD)を取得し、カリフォルニア州司法試験に合格して国際法律事務所に就職。企業に関する法律コンサルタントとして再び来日。
1983年、『世界まるごとHOWマッチ』に出演するなど外国人タレント活動を開始。一時期、メキシコ料理店や英会話学校の経営に携わった。
2015年10月22日、アパ日本再興財団による『第8回「真の近現代史観」懸賞論文』の最優秀藤誠志賞を受賞。『日本人の国民性が外交・国防に及ぼす悪影響について』と題した論文では、日本人の誠実さや他者への思いやりなどを「世界標準を圧倒する高いレベル」と評価する一方、その国民性が同時に「軍事を含む外交の分野では、最大の障害になる」と論じていた。

[wpp range=”weekly” cat=54 thumbnail_width=57 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

櫻井よしこ
櫻井 よしこ(さくらい よしこ、1945年(昭和20年)10月26日 – )は、日本のジャーナリスト、ニュースキャスター。国家基本問題研究所理事長、「21世紀の日本と憲法」有識者会議代表、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」共同代表。本名は櫻井 良子(さくらい よしこ)。以前は本名の「櫻井良子」名義で活動していたが、1994年4月に平仮名で「櫻井よしこ」との表記に改めた。

[wpp range=”weekly” cat=40 thumbnail_width=50 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

三浦瑠麗
三浦 瑠麗(みうら るり、英語:Lully Miura、1980年(昭和55年)10月3日 – )は、日本の国際政治学(国際関係論)研究者。東京大学政策ビジョン研究センター講師。株式会社山猫総合研究所代表。

神奈川県茅ヶ崎市出身。1999年(平成11年)3月に神奈川県立湘南高等学校を卒業し、同年4月に東京大学理科一類に入学。2001年(平成13年)4月に同大学農学部生物環境科学課程地域環境工学専修に進む。2003年(平成15年)、同大の先輩の外務省職員男性と結婚した。一児の母。

2004年(平成16年)1月、論文「『日本の国際貢献のあり方』を考える」により、自由民主党が主催した第1回「国際政治・外交論文コンテスト」の総裁賞を受賞。同年3月に同大学を卒業。同年4月、東京大学大学院公共政策学教育部(公共政策大学院)専門修士課程に入学し、国際政治学者の藤原帰一の下で学ぶ。2006年(平成18年)3月、同課程を修了し、公共政策修士(専門職)を取得。2010年(平成22年)10月、東京大学大学院法学政治学研究科総合法政専攻博士課程を修了し、博士(法学)を取得。博士論文である「シビリアンの戦争 : 文民主導の軍事介入に関する一考察」を元にして、2012年(平成24年)に『シビリアンの戦争―デモクラシーが攻撃的になるとき』(岩波書店)を公刊した。

2007年(平成19年)4月、日本学術振興会特別研究員(DC2、2009年(平成21年)3月まで)。2010年(平成22年)、論文「長期的視野に立った成長戦略―ワーキングマザー倍増計画」により、東洋経済新報社が主催した第26回高橋亀吉記念賞の佳作を受賞。2011年(平成23年)1月、東京大学政策ビジョン研究センター安全保障研究ユニット特任研究員(2013年(平成25年)3月まで)。2013年(平成25年)4月、日本学術振興会特別研究員(PD)、青山学院大学兼任講師(法学部専門科目/青山スタンダード科目)。

2014年(平成26年)から自らの政治的見解を綴るブログ「山猫日記」を開始。2015年(平成27年)には「山猫日記」の内容を再編集した「日本に絶望している人のための政治入門」を文春新書から出版した。

2014年(平成26年)から『iRONNA』や『文藝春秋』、2015年(平成27年)から『正論』に度々コラムを寄稿している。

2015年(平成27年)元日放送の「ニッポンのジレンマ」(NHK総合)でメディアに初登場して以降、「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日)や「あしたのコンパス」(ホウドウキョク)などに出演している。

2015年(平成27年)8月、共同通信の第三者機関「報道と読者」委員会の第8期委員に就任。

2016年(平成28年)3月、東京大学政策ビジョン研究センター講師に就任。

2016年(平成28年)から『月刊潮』『月刊Voice』『月刊清流』『週刊新潮』で連載を始める。

2016年(平成28年)12月、「BLOGOS AWARD 2016」銅賞受賞。

2017年(平成29年)1月、読売新聞の読書委員に就任。また、小池百合子東京都知事の「希望の塾」の講師を務める。

[wpp range=”weekly” cat=16 thumbnail_width=57 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

宮崎哲弥
宮崎 哲弥(みやざき てつや、1962年10月10日 – )は、日本の評論家およびコメンテーター。研究開発コンサルティング会社「アルターブレイン」副代表。2006年4月より京都産業大学客員教授。コミュニタリアン、仏教徒。福岡県久留米市出身。

政治スタンスは「リベラル右派」を公言している。革新派の福島瑞穂を批判する一方、保守派である西部邁と小林よしのりの両者が初期に関わっていた「新しい歴史教科書をつくる会」を批判する一面もある(福島瑞穂に関しては人格的には評価していると語っている)。

小林の『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』批判でなされた「人の死はひとつの例外もなくすべて犬死である」との主張は物議を醸した。この主張がきっかけとなり、小林とは一時、泥仕合のような批判合戦を繰り広げていたが、現在では和解している。その後、宮台真司との対談シリーズに小林をゲストとして招くほどの関係になった。

[wpp range=”weekly” cat=9 thumbnail_width=57 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

長谷川幸洋
長谷川 幸洋(はせがわ ゆきひろ、1953年(昭和28年)1月18日- )は、日本の新聞記者、ジャーナリスト。東京・中日新聞論説委員。

[wpp range=”weekly” cat=18 thumbnail_width=50 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

片山さつき
片山 さつき(かたやま さつき、1959年5月9日 – )は、日本の政治家、実業家、行政書士。自由民主党所属の参議院議員(2期)。

元衆議院議員(1期)。元大蔵省主計官。旧姓・朝長(ともなが)。株式会社片山さつき政治経済研究所・元代表取締役。

[wpp range=”weekly” cat=43 thumbnail_width=50 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

前原誠司
前原 誠司(まえはら せいじ、1962年(昭和37年)4月30日 – )は、日本の政治家。民進党所属の衆議院議員(8期)、民進党尊厳ある生活保障総合調査会長、凌雲会会長(第2代)。
京都府議会議員(1期)、民主党代表(第5代)、国土交通大臣(第12・13代)、外務大臣(第144代)、民主党政策調査会長(第11代)、内閣府特命担当大臣(防災・沖縄及び北方対策・経済財政政策・科学技術政策・原子力行政・宇宙政策)などを歴任。

[wpp range=”weekly” cat=47 thumbnail_width=57 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

小林よしのり
小林 よしのり(こばやし よしのり、1953年8月31日 – )は、日本の漫画家、評論家。

「よしりん企画」社長、「ゴー宣道場」主催。

福岡県福岡市出身(出生は大野城市)。

本名、小林善範(読み同じ)。

福岡大学人文学部フランス語学科卒業。

1976年に『ああ勉強一直線』を投稿しデビュー。

『東大一直線』『おぼっちゃまくん』などのヒット作を持つ。

1992年の『ゴーマニズム宣言』以降、ギャグ路線だけでなく思想的・政治思想路線や時事ネタなどの社会評論的な活動も行うようになる。

また設定の矛盾をものともしない展開と飛びぬけた発想を身上としている。

これは「細かい設定にこだわっていると、結果として内容がつまらなくなる」との作者の考えのためであり、より良い設定を思いつけば、あえて過去の設定は切り捨てるという。

2002年から季刊誌『わしズム』責任編集長なども務める。

[wpp range=”weekly” cat=12 thumbnail_width=57 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

生田よしかつ
生田 與克(いくた よしかつ、1962年10月1日 – )は実業家、一般社団法人シーフードスマート代表理事。従兄は元サッカー選手、Jリーグチーム監督、サッカー解説者の松木安太郎。

東京都中央区月島出身。1981年3月、暁星中学校・高等学校卒業後、家業である築地市場場内のマグロ仲卸、有限会社「鈴与」を3代目として継ぐ。

その後、講演会や執筆、ホームページ運営など、魚食の普及に努め、魚河岸の歴史と食文化を伝える「語り部」として活動する。

2008年、株式会社国際魚食研究所の代表となり、「魚食スペシャリスト検定」を立上げ。

同年11月23日に第1回魚食スペシャリスト検定3級試験を都内2カ所で開催。

その後、2014年7月8日に一般社団法人シーフードスマートに移行し代表理事を務める。

2016年2月1から3日にかけて、イタリアシチリア島南のマルタ共和国にて、開催された「シーフードサミット2016」にてパネルディスカッションの招待講演を行った。

2011年、東京青年会議所の仲間で大田市場の仲卸、株式会社「山邦」の3代目であった、平将明衆議院議員と自由民主党のWebストリーミング番組に共演し、2016年時点で配信中。

第24回参議院議員通常選挙にて、自民党の公認公募候補を決める「オープンエントリー」プロジェクト2016にエントリーし、ファイナリストまで残ったが、候補には選出されなかった。

その後、魚食文化の発信に加えて、豊洲市場の移転問題についてワイドショー番組等から移転推進派のレッテルを貼られており、自身の主張として築地市場はトラック流通にはもともと不向きな作り、外国人から見ても非衛生的な施設、動線の床がボロボロでターレーで走っていても弾んで積み荷が落下することもあり、1984年から30年近く侃々諤々議論した結果なのでやむを得ない移転推進の立場である。

自身も豊洲市場で使用する新車のターレーも納車済と述べており、築地市場の老朽状態を憂慮しており、その後生田含めた数人で2017年4月26日に東京都に対し住民監査請求を行い都から棄却される。

その後、同年6月6日に都庁会見室で記者会見を行い、小池百合子東京都知事に対し、豊洲市場移転延期に伴う維持管理費約1億8000万円について民事請求する住民訴訟を起こした事を発表した。

[wpp range=”weekly” cat=73 thumbnail_width=50 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

髙山正之
高山 正之(髙山 正之、たかやま まさゆき、1942年 – )は、日本のジャーナリスト、コラムニスト。元産経新聞記者、元帝京大学教授。

東京都出身。東京都立九段高等学校を経て、1965年、東京都立大学法経学部法学科卒業後、産経新聞社に入社。警視庁クラブ、羽田クラブ詰、夕刊フジ記者を経て、産経新聞社会部次長(デスク)。

1985年から1987年までテヘラン支局長を務め、1980年代のイラン革命やイラン・イラク戦争を現地で取材。また、アジアハイウェイ踏査隊長としてアジア諸国を巡る。1980年代後半、芸能方面へ異動となる。

当時の編集局の上司と、国際報道についての報道方針を巡って対立があった為とされる。この頃テレビ朝日の昼の番組で、芸能解説をやっていたのもこれが原因だという。

1992年から1996年までロサンゼルス支局長。

1998年より3年間、産経新聞夕刊1面にて時事コラム「高山正之の異見自在」を執筆。定年後、2001年から2007年3月まで帝京大学教授を務める。

現在、『週刊新潮』誌上で「変見自在」、『テーミス』誌上で「日本警世」、『Voice』誌上で「日本の事件簿」を連載中。

[wpp range=”weekly” cat=52 thumbnail_width=50 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

勝間和代
勝間 和代(かつま かずよ、1968年〈昭和43年〉12月14日 – )は、日本の著述家、評論家。学位はファイナンス修士(専門職)(早稲田大学)。株式会社監査と分析取締役(共同パートナー)、中央大学大学院戦略経営研究科客員教授。

[wpp range=”weekly” cat=22 thumbnail_width=57 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

宮澤エマ
宮澤 エマ(みやざわ エマ、1988年11月23日- )は、日本のタレント、女優。東京都出身。 旧芸名、ラフルアー宮澤エマ(Emma Miyazawa La Fleur)。

母方の祖父は第78代内閣総理大臣の宮澤喜一。母は宮澤喜一の長女で、父はアメリカ人で元駐日代理大使クリストファー・ラフルアー。

森村学園初等部に在学、聖心インターナショナルスクールを卒業した後、アメリカ合衆国カリフォルニア州のオクシデンタル大学で宗教学を専攻。大学3年の時にはケンブリッジ大学へ留学している。

子供の頃から歌や芝居が大好きで、歌手に憧れてボイストレーニングなど10年以上勉強を続け、オクシデンタル大学卒業後の2012年春に芸能界入り。初めてのテレビ出演は『ネプリーグ』だったが、そこでは同じ“総理の孫”の立場であるDAIGOとともに「孫タレ」枠で出演し、共演を果たした。

[wpp range=”weekly” cat=66 thumbnail_width=50 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

西村眞悟
西村 眞悟(にしむら しんご、1948年(昭和23年)7月7日 ‐ )は、日本のこころを大切にする党所属の日本の政治活動家で、同党参議院比例第三支部長。前衆議院議員(6期)、元弁護士(大阪弁護士会)。
防衛政務次官をはじめ、民社党国際局長、自由党代議士会会長、太陽の党代表、日本維新の会比例近畿ブロック支部長などを歴任した。氏名表記は一般に新字体の「真悟」が用いられている。
実父は元衆議院議員西村栄一(民社党第二代委員長)。従兄弟は元衆議院議員西村章三。岳父は元衆議院議員岡澤完治。

[wpp range=”weekly” cat=53 thumbnail_width=49 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

左派論客一覧

須田慎一郎
須田 慎一郎(すだ しんいちろう、1961年8月26日 – )は、日本のジャーナリスト。

東京都世田谷区下馬出身、小学2年の秋に親の仕事の都合で足立区へ転居。東京都立上野高等学校、日本大学経済学部卒業。

日大卒業後、金融専門紙や経済誌の記者、経済界記者を経て、フリーランスのジャーナリストに転じた。銀行業界をはじめ金融界、日本銀行、財務省、金融庁、検察庁に多くの人脈を持つ。

また、2007年に設置された、金融庁の多重債務者対策本部有識者会議の有識者委員を2010年3月まで務めた。

財務省幹部を名乗る匿名の人物からの伝聞として、禁煙推進の裏には巨大な利権があると主張している。

2017年の加計学園の獣医学部設置に関しては、今治市による設置申請が文部科学省から認められず、第1次安倍政権でも却下されているなど、規制官庁の思惑だけで「岩盤規制」がおこなわれていた主張し、この問題を告発した文科省事務方トップであった前川喜平が「正義の告発者」でないのは明らかであると述べている。

また、週3回も出会い系バーへ通う時間があるなら、今治市を訪問し「地域の実情に目を向けるべきだったのではないだろうか」と批判している。


[wpp range=”weekly” cat=62 thumbnail_width=50 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

山本太郎
山本 太郎(やまもと たろう、1974年11月24日 – )は、日本の政治家、元タレント、元俳優。自由党所属の参議院議員(1期)任期満了日は2019年7月28日、自由党共同代表兼政策審議会長。兵庫県宝塚市出身。

山本太郎の政治公約は以下の通りである。

◎被曝させない
原発の即時撤退・ガスコンバインドシステムと小規模水力の推進・国民が情報を得て避難できる権利の確立など

◎TPP入らない
TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)は交渉内容が不透明であって、アメリカでは国内法が条約よりも優先されているのに対して、日本では条約が国内法に優先されるのは不利、日本には交渉する余地がないと判断して反対。

◎飢えさせない
生活保護の不正受給は正されるべきだが、受給条件の厳格化は反対。「教育」「医療」「介護」の無償化を推進。

◎その他の政策
憲法9条改正と集団的自衛権の行使に反対。
日本の核武装について、将来にわたって検討すべきでない。
総理は靖国神社に参拝すべきでなく、村山談話・河野談話を引き継ぐべきとしている。
選択的夫婦別姓制度導入に賛成。

[wpp range=”weekly” cat=60 thumbnail_width=57 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

坂上忍
坂上 忍(さかがみ しのぶ、1967年6月1日 – )は、日本の俳優、マルチタレントで、演出家や映画監督、司会者、コメンテーター、エッセイストとして活動し、かつてロック歌手としても活動していた。東京都杉並区西荻窪出身。

[wpp range=”weekly” cat=79 thumbnail_width=57 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

森永卓郎
森永 卓郎(もりなが たくろう、1957年7月12日 – )は、日本の評論家(「経済アナリスト」を自称)、エコノミスト、タレント、獨協大学経済学部教授。専門は、マクロ経済・計量経済・労働経済・教育計画、オタク文化論など。愛称・通称は「モリタク」。
オフィス・トゥー・ワン所属。身長167cm、血液型はA型。

[wpp range=”weekly” cat=15 thumbnail_width=57 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

東浩紀
東 浩紀(あずま ひろき、1971年(昭和46年)5月9日 – )は、日本の批評家、小説家、哲学者。学位は博士(学術)(東京大学・1999年)。ゲンロン代表取締役社長兼編集長。

[wpp range=”weekly” cat=23 thumbnail_width=57 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

金慶珠
金 慶珠(キム・キョンジュ、김경주、1967年(昭和42年) – )は、韓国出身の言語学者(東京大学博士)。東海大学教養学部国際学科専任教授。専門は、社会言語学、メディア論、朝鮮半島の文化と社会に関する研究。芸能事務所ホリプロ所属。学位は博士(学術)。

[wpp range=”weekly” cat=46 thumbnail_width=50 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

古市憲寿
古市 憲寿(ふるいち のりとし、1985年1月14日 -)は、作家、社会学者。東京都出身。

[wpp range=”weekly” cat=33 thumbnail_width=57 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

室井佑月
室井 佑月(むろい ゆづき、本名非公開、1970年2月27日 – )は、日本の小説家、随筆家、タレント。青森県出身。血液型はB型。身長162cm。オーケープロダクション所属。

製薬会社のプロパーの父と元ホステスの母の間に生まれる。父親が愛人を作り、以来母子家庭で育つ。栃木県立石橋高等学校卒業。

ミス栃木、ミス公園通り(渋谷区)、雑誌モデル、レースクイーン、女優、高級クラブホステスなど様々な経歴を持つ。

1997年に小説新潮主催の読者公募「性の小説」コンテストに入選し文筆活動に入る。その後、既婚者であった作家の高橋源一郎と交際し1999年に入籍するが、2001年に離婚。高橋との間には2000年に生まれた長男がいる。

「婦人公論」2001年10月7日号に発表された手記によると、離婚の原因は高橋が複数の女性と不倫していたことだという。

政治信条に関しては革新寄りであり、憲法9条改正や核武装に対して否定的な考えを持っている。また、自民党政権に対してもテレビなどのメディアで厳しく批判することがある。

一方で、日本共産党に関しては「人々のためになっている」と評価している。

2011年、「放射能測り隊」というチームを組んでボランティア活動を行った。

[wpp range=”weekly” cat=56 thumbnail_width=50 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

青木理
青木 理(あおき おさむ、1966年(昭和41年)10月26日 – )は、日本のジャーナリスト。

[wpp range=”weekly” cat=27 thumbnail_width=50 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

宮台真司
宮台 真司(みやだい しんじ、1959年3月3日 – )は、日本の社会学者、映画批評家。学位は社会学博士(東京大学・1990年)。首都大学東京教授。宮城県仙台市出身。オウム事件真相究明の会呼び掛け人。

1990年代はリベラルを名乗っていたが、2000年代になると天皇主義に基づく思想も展開する。「解放的関心の強烈な〈左〉と、条理によって条理の限界を見極める〈右〉は、論理的に両立可能」と主張する。

誤った右翼思想をもつと自らが定義した政治家に特に厳しく、「政府に逆らう者は反日分子」と発言した柏村武昭に対し、このような発言をする政治家を取り除くことが真の右翼であるとした。また小池百合子をアメリカ合衆国に何も条件をつけずにテロ対策特別措置法を延長したという理由で売国政治家とした。小泉内閣に関しては、その中期までは非常に好意的であり、メディアでも度々称賛してきた。ただし2006年頃から竹中平蔵の主導した市場原理主義を厳しく批判している。

日本国憲法については改憲論者である。憲法改正をして、重武装化&対米中立であるべきであるとする。ここでの重武装とは対地反撃能力を中核とする抑止力としての反撃能力のことである。具体的には航続距離の長い爆撃機や長距離ミサイルを持つことで、激しい地上戦に持ち込まれないためにこそ重武装化すべきであると主張する。 「重武装化&対米中立」化のためには、

アメリカ合衆国の機嫌を損なわないようにするにはどうするべきか
アジア諸国の疑惑や懸念をどう取り除くか
憲法改正に必要な国民意思や、重武装を制御する頭脳(民度)をどう形成するか
などの障害を克服する必要があると主張する。また、押し付け憲法論は誤りだと主張する。

[wpp range=”weekly” cat=76 thumbnail_width=57 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

荻上チキ
荻上 チキ(おぎうえ チキ、男性、1981年11月2日 – )は、日本の評論家、編集者。

chikiというハンドルネームを持つ。

特定非営利活動法人「ストップいじめ!ナビ」代表理事。テクスト論、メディア論を専門としている。

名前は『げんしけん』の登場人物である「荻上千佳」(おぎうえ ちか)に由来する。社会派ブロガーを自称するライターちきりんは別人である。

[wpp range=”weekly” cat=31 thumbnail_width=50 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

山口真由
山口 真由(やまぐち まゆ、1983年7月6日- )は、ニューヨーク州弁護士、大学院生、元財務官僚である。

札幌市に生まれ、両親と妹は医師である。中学卒業後に上京して筑波大学附属高等学校で学び、東京大学法学部を卒業した。大学在学中は、東京大学運動会男子ラクロス部でマネージャーを務め、履修科目は全ての評価が優で、3年時に旧司法試験合格し、4年時に「法学部における成績優秀者」として総長賞を受け、2006年3月に首席で卒業した。

卒後財務省へ入省し主税局に配属されたが2008年に退官し、弁護士登録後2014年まで長島・大野・常松法律事務所にでアソシエイト弁護士として勤務した。2016年にハーバード大学法科大学院でディーン・スカラー・プライズを受賞し、LL.M.の学位を取得。

現在は東京都港区赤坂の山口法律事務所に所属するほかにタレントとしてテレビ番組へ出演するなどしているが、大学院に入学し大学研究者を目指している。

2017年より日米財団主催の日米リーダーシップ・プログラムの日本代表メンバー(任期2年)。

[wpp range=”weekly” cat=75 thumbnail_width=50 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]

遙洋子
遙洋子(はるか ようこ、生年月日非公開 – )は、日本の作家、タレント、コラムニストである。

[wpp range=”weekly” cat=29 thumbnail_width=50 thumbnail_height=50 order_by=”views” limit=5 post_type=”post” stats_views=1 stats_comments=0]