そろそろ最強論客を決めようじゃないか

畳み掛けるようなディベート術、隙の無いロジックで論破したときの爽快感を味わう事こそがこの人たちの生きがいなんではないかと思うような方たちを集めました。

カテゴリー:三浦瑠麗

三浦 瑠麗(みうら るり、英語:Lully Miura、1980年(昭和55年)10月3日 – )は、日本の国際政治学(国際関係論)研究者。東京大学政策ビジョン研究センター講師。株式会社山猫総合研究所代表。

神奈川県茅ヶ崎市出身。1999年(平成11年)3月に神奈川県立湘南高等学校を卒業し、同年4月に東京大学理科一類に入学。2001年(平成13年)4月に同大学農学部生物環境科学課程地域環境工学専修に進む。2003年(平成15年)、同大の先輩の外務省職員男性と結婚した。一児の母。

2004年(平成16年)1月、論文「『日本の国際貢献のあり方』を考える」により、自由民主党が主催した第1回「国際政治・外交論文コンテスト」の総裁賞を受賞。同年3月に同大学を卒業。同年4月、東京大学大学院公共政策学教育部(公共政策大学院)専門修士課程に入学し、国際政治学者の藤原帰一の下で学ぶ。2006年(平成18年)3月、同課程を修了し、公共政策修士(専門職)を取得。2010年(平成22年)10月、東京大学大学院法学政治学研究科総合法政専攻博士課程を修了し、博士(法学)を取得。博士論文である「シビリアンの戦争 : 文民主導の軍事介入に関する一考察」を元にして、2012年(平成24年)に『シビリアンの戦争―デモクラシーが攻撃的になるとき』(岩波書店)を公刊した。

2007年(平成19年)4月、日本学術振興会特別研究員(DC2、2009年(平成21年)3月まで)。2010年(平成22年)、論文「長期的視野に立った成長戦略―ワーキングマザー倍増計画」により、東洋経済新報社が主催した第26回高橋亀吉記念賞の佳作を受賞。2011年(平成23年)1月、東京大学政策ビジョン研究センター安全保障研究ユニット特任研究員(2013年(平成25年)3月まで)。2013年(平成25年)4月、日本学術振興会特別研究員(PD)、青山学院大学兼任講師(法学部専門科目/青山スタンダード科目)。

2014年(平成26年)から自らの政治的見解を綴るブログ「山猫日記」を開始。2015年(平成27年)には「山猫日記」の内容を再編集した「日本に絶望している人のための政治入門」を文春新書から出版した。

2014年(平成26年)から『iRONNA』や『文藝春秋』、2015年(平成27年)から『正論』に度々コラムを寄稿している。

2015年(平成27年)元日放送の「ニッポンのジレンマ」(NHK総合)でメディアに初登場して以降、「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日)や「あしたのコンパス」(ホウドウキョク)などに出演している。

2015年(平成27年)8月、共同通信の第三者機関「報道と読者」委員会の第8期委員に就任。

2016年(平成28年)3月、東京大学政策ビジョン研究センター講師に就任。

2016年(平成28年)から『月刊潮』『月刊Voice』『月刊清流』『週刊新潮』で連載を始める。

2016年(平成28年)12月、「BLOGOS AWARD 2016」銅賞受賞。

2017年(平成29年)1月、読売新聞の読書委員に就任。また、小池百合子東京都知事の「希望の塾」の講師を務める。