そろそろ最強論客を決めようじゃないか

畳み掛けるようなディベート術、隙の無いロジックで論破したときの爽快感を味わう事こそがこの人たちの生きがいなんではないかと思うような方たちを集めました。

カテゴリー:室井佑月

室井 佑月(むろい ゆづき、本名非公開、1970年2月27日 – )は、日本の小説家、随筆家、タレント。青森県出身。血液型はB型。身長162cm。オーケープロダクション所属。

製薬会社のプロパーの父と元ホステスの母の間に生まれる。父親が愛人を作り、以来母子家庭で育つ。栃木県立石橋高等学校卒業。

ミス栃木、ミス公園通り(渋谷区)、雑誌モデル、レースクイーン、女優、高級クラブホステスなど様々な経歴を持つ。

1997年に小説新潮主催の読者公募「性の小説」コンテストに入選し文筆活動に入る。その後、既婚者であった作家の高橋源一郎と交際し1999年に入籍するが、2001年に離婚。高橋との間には2000年に生まれた長男がいる。

「婦人公論」2001年10月7日号に発表された手記によると、離婚の原因は高橋が複数の女性と不倫していたことだという。

政治信条に関しては革新寄りであり、憲法9条改正や核武装に対して否定的な考えを持っている。また、自民党政権に対してもテレビなどのメディアで厳しく批判することがある。

一方で、日本共産党に関しては「人々のためになっている」と評価している。

2011年、「放射能測り隊」というチームを組んでボランティア活動を行った。